ドクターヘリに搭乗する医師の気になる年収とは

ドクターヘリに搭乗する医師の気になる年収とは

  • ドクターヘリに搭乗する医師の気になる年収とは

    • ドクターヘリに搭乗する医師のことをフライトドクターといいます。

      医療系のドラマでもよく耳にするので、興味のある人もいると思います。


      フライトドクターは災害や事故が起きた際、ドクターヘリに搭乗し現場で患者の治療や処置を行います。基本的な医療の知識に加え、救急医療のスキルや知識、経験を兼ね備えていることが必須条件です。
      病院内の勤務と違い、現場での臨機応変な対応力や瞬時の判断力が求められるとても大変な仕事です。

      医者なら誰でもフライトドクターになれるわけではありません。
      医師免許を取得し、研修医として経験を積んだあと、救急専門医として専門的な知識や技術を身に付けます。その後、ドクターヘリが配置されている病院に勤務し、各病院でフライトドクターの研修を受け、適性が認められれば晴れてフライトドクターとして働くことができるようになります。

      フライトドクターは毎日ドクターヘリに乗っているわけではありません。

      いろいろなドクターヘリの年収使いやすさが好評です。

      出動要請がない時間帯は救命救急の医師として診療を行っています。



      他の診療科目に比べると患者の重症度も高く、勤務時間も不規則でかなりの激務となります。
      そう考えるとフライトドクターの年収は高いような気がしますが、基本的には各病院で定められた医師の給料形態である程度決められています。

      ドクターヘリを配置している病院は最新の医療機器が完備された大規模な病院であることが多いため、医師の年収も水準が高い傾向にあります。さらに、ヘリで出動した回数に合わせて手当てが支給される場合もあり、それらを合わせると医師の年収が1000万を超えるケースもあるようです。



      年収と激務のバランスをとるのは大変ですが、災害や事故現場の最前線で人命救助にあたることに誇りとやりがいを感じている医師の方もたくさんいます。
      フライトドクターは収入以上の充実感や達成感を感じられるとても素敵な仕事ですね。


  • 専門知識

    • 救急車での搬送が困難な地域などで活躍をするドクターヘリですが、基本的な乗務員は、医師とフライトナースはもちろん必要になりますが、何よりも肝心なのが実際にドクターヘリを操縦するパイロットになります。ドクターヘリのパイロットは医師ではありませんので当然医師免許は持っていませんが、厳しい状況での操縦も予想される事から経験の豊富な熟練のパイロットが行う事が基本となっています。...

  • いまどきの社会

    • 自動車運転するためには自動車教習所で練習をして運転免許を取得しなければなりません。飛行機操縦についても自動車と同じように、パイロットの資格を取得する必要があります。...

  • これからの社会

    • 今でも子供たちの夢の仕事して飛行機のパイロットというのは高い人気を得ています。ですが、将来的にはジェット機のような飛行機のパイロットはほとんどが人工知能となり、パイロットが要らなくなるということが考えられています。...

  • 社会関係の情報

    • 人が立ちいる事が出来ない場所も、飛行機やヘリコプターなどの航空機を使えば撮影が可能になります。写真画像や動画画像に収める事で、未知の場所の様子を上空から捉え、多くの人々に紹介する事も出来ます。...

top