スポーツはそれぞれ特徴によって、持久スポーツと瞬発スポーツとに分かれます。瞬発スポーツとは瞬間的に爆発的なパワーを発揮することが求められる運動のことで、陸上競技の短距離走などが代表的です。他にも一瞬で重いものを上げるバーベルや、砲丸投げ、高跳びといったものが挙げられます。一方で持久スポーツとは、長時間にわたって一定のパフォーマンスを維持する必要がある運動のことです。

マラソンや徒競走のようなものが有名ですが、テニスやサッカーなど試合時間が長いスポーツも当てはまります。持久スポーツでは、瞬発力よりも持久力を鍛えることが必要です。一瞬だけ力を発揮するのではなく、長時間にわたってパフォーマンスを落とさずに活動していく必要があるからです。そのためこのスポーツで良い成績を出すには、マラソンやジョギングなどを通じて体の耐久性を高めていくことが求められます。

トレーニング方法としては走り込みなどが有効です。走り込むことで簡単に持久力が鍛えられますし、暑さや寒さといった極端な気温の変化にも対応できるようになります。さらにトレーニングに加えて体を変えていくためにも、栄養成分の取り方に注意すると良いでしょう。例えば持久スポーツでは、体内に蓄えられているグリコーゲンがなくなってしまうと体が動かなくなりパフォーマンスも大きく落ちてしまいます。

スポーツ前に炭水化物ローディングを行うなどして、効率よく体内から改善していく方法が効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です