スポーツには様々なものがありますが、分類される方法としては瞬発系と持久系の二つがあります。これはスポーツを行うときに必要なエネルギーが瞬発的なものかそれとも持久的なものであるかといった違いで、スポーツを行うときにはそれぞれの違いを理解して体を作らなければなりません。持久スポーツとしてはマラソンやスキーと言った、ひとつのプレーを行う時に非常に時間がかかってしまうものを指します。このため長時間体を動かし続けることになるため一瞬に力を発揮するというのではなく、継続的に力を出し続けることが求められるものです。

持久スポーツを行う場合には、長時間にわたってそのパフォーマンスが落ちないような体を作らなければなりません。このため骨格筋の筋グリコーゲンが長く存在する必要があるため、基本的には始める前には筋グリコーゲンを増やし、スポーツを行っている間はその消費を減らすといった工夫が必要です。持久スポーツは特に食事というものが大きな影響を与えるもので、トップアスリートの場合には大会が行われる一週間ほど前から、糖質の少ない食事を取り筋グリコーゲンを低下させ、消費量の少ない状態とし大会の数日前に糖質の多い食事を摂ることで体に筋グリコーゲンを多く取り込んでおくと言ったことが行われます。このような工夫をしなくても、基本的に持久スポーツの場合には継続的に筋力を動かし続けるための食事として炭水化物の摂取が重要となってくるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です