トライアスロンは、1人の選手がラン・バイク・スイムの3つの種目を行って競い合う競技です。オリンピックディスタンスでのスイムは1.5キロメートルを泳ぎ、バイクは40キロメートルを走行し、ランは10キロメートル走って合計51.5キロメートルで着順を競い合います。一方で、初心者からでもチャレンジが出来るスプリントは、合計25.75キロメートルを競い合う事になります。いずれのタイプでも、トライアスロンは総距離の間にスイム・バイク・ランの順に種目をこなしていきます。

着順上位を目指すには、これらの種目の能力をバランス良く、能力を高めていく事が求められます。最終的な決着はランで決まる為、ランの能力が高いとゴールまでに逆転出来たり、引き離したりといった事が出来ます。スイムでの泳法はクロールで行われますが、この後のバイクやランに脚力と体力が必要になってくる為、スイムではキックやプルを全力で行わずに推進力を引き出す泳法をマスターしておく必要があります。バイクは3種目の中でも距離が長く、競技時間も長いです。

ロードバイクで長距離を走る為、脚力は重要です。バイクの後にはランがあります。この種目での追い込み次第で最終的な結果が大きく変わってきます。トライアスロンは、市民大会レベルでも開催されており、体力をつけて健康を保ちたいという場合にも注目されています。

また、自分の力を試してみたい場合、トライアスロンは国内外で様々な大会が開催されています。トライアスロンのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です