トライアスロンは、泳いで自転車に乗って、後はマラソンとかなり過酷なイメージがあります。その魅力ですが、まず完走したときの達成感が凄く、完走するには長時間の練習が必用で競技時間も長いためです。ただ、苦労するから達成感が高いわけでもなく、一般的にマラソン大会だとゴールのテープを切れるのは1位の選手だけで、あとの順位だとゴールゲートをくぐるだけですが、トライアスロン大会だと全員にゴールテープが用意されます。これは、完走した人は全員が勝者という考えがあり、順位に関係なくゴールした選手全員が勝者なのでゴールテープを用意して祝福します。

このようなスポーツは他にはあまりなく、特にメジャーな大会だとゴール前の盛り上がりは凄くて、ゴールした時の達成感や感動は言葉にできないほどです。トライアスロンのタイムや完走率はコースや当日の気象条件の影響を大きく受けるので、他の選手と競う以外に自然環境・自分との闘いも大きい競技で3種目あるので種目ごとの順位もあります。総合順位だけでなく完走にこだわる、昨年の自分の結果を上回ること、バイクの順位に拘るなどそれぞれ楽しみ方が違います。順位も総合だけでなく年代別でも表彰されて、年代に関係なく順位を目標に頑張れます。

自分のレベルにあわせて色々な目標を設定し、楽しめるのも魅力です。3種目+トライアスロンの特有要素があり、練習でも考える事ややることが多いです。それに加えて大会ごとに変わるコース状況・自然条件にあわせて補給・ペース配分、機材の洗濯など戦略が必用で奥も深いのでずっと楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です