トライアスロンはアメリカのサンディエゴ生まれのスポーツです。3種類の種目を連続しておこなうのが特徴で、このことからラテン語で3を意味するトライと競技の意味があるアスロンを組み合わせて名づけられました。1974年に誕生したこの競技は、2000年にはオリンピックの種目にもなっています。トライアスロンはまず水泳からスタートし、自転車そしてランニングと続く競技です。

3種類の種目に対応しなくてはならないため、準備としてそれぞれの練習をする必要があるでしょう。また比較的距離の短いものから長いものまで、距離の異なる様々なタイプがあります。最も長いロングディスタンスでは、水泳が4キロ・自転車が200キロ・ランニングがフルマラソンと同等の42.2キロになることもありえます。水泳ではウェットスーツを着るようになっています。

またブイやコースのロープを掴んで休むことも可能です。自転車やランニングは基本的に左側を走り、右側から追い越すといった決まりもあります。ほかにもトライアスロンには様々な決まりがありますが、それぞれの大会によって規則が異なる場合もあるので、注意が必要です。長い距離を泳いだり走ったりするトライアスロンは、完走することができれば達成感も大きなものとなるでしょう。

自分に自信をつけることもできるはずです。また下半身も上半身も鍛える必要があるため、トライアスロンの準備のために練習をする過程ではバランスよく体を鍛えることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です