トライアスロンの英語表記は『triathlon』になります。この言葉の語源はギリシャ語です。triは「3」で、athlonは「競技」で、つまり「3つの競技」を意味しています。現在やオリンピックで行われている3つの競技は「水泳」「自転車」「長距離走」で、選手たちは水泳1.5km・自転車40km・長距離走10kmの合計51.5㎞という過酷なレースを行います。

またアイアンマンディスタンスと呼ばれる、さらに過酷なレースもあり水泳3.8km・自転車180km・長距離走42.195kmにチャレンジすることになります。さてこのトライアスロンの世界大会が行われたのは40年以上さかのぼる1974年のことで、場所はアメリカ合衆国カリフォルニア州のサンディエゴでした。ちなみに現在のように、水泳1.5km・自転車40km・長距離走10kmの合計51.5㎞と国際基準が決められたのは1982年のことでした。しかしトライアスロンがオリンピックの正式競技になるまでは時間がかかり、2000年に開かれたシドニーオリンピックで、初めてこのトライアスロンが競技として認められたのです。

トライアスロンに必要なのは長時間運動していられる持久力、つまりスタミナです。そのために選手たちは毎日のトレーニングや筋肉を整えるための栄養管理など、日々の生活で努力をすることになります。思いつきでレースに挑戦できるほど簡単なスポーツではありません。しかし自分の体力の限界に挑戦することで、精神力も鍛えられるスポーツでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です