ドクターヘリに搭乗する医師の気になる年収とは

  • 航空機を使った撮影は新しい発見も

    • 人が立ちいる事が出来ない場所も、飛行機やヘリコプターなどの航空機を使えば撮影が可能になります。
      写真画像や動画画像に収める事で、未知の場所の様子を上空から捉え、多くの人々に紹介する事も出来ます。

      上空から写真を撮る、ビデオカメラで映像を収めるためには、航空機のチャーターが必要になりますが、ヘリコプターやセスナ機などを利用する事で1時間当たりの料金を支払う事で上空からの撮影が可能になります。

      空撮が評判になっています。

      地上から見る風景とはまったく異なる角度からの映像になるので、企業ホームページなどに本社ビル全体の映像を掲載したい時や、工場全体の様子を上空から捉えた写真、もしくは映像をホームページに掲載すれば企業のアピールにも繋がります。



      ちなみに、上空からの映像は普段目にするものとは異なる角度で取られられているので、今まで気が付かなった映像を目にする事もあるなど、新しい発見をするケースもあります。

      普段目にする映像は地上からのものであり、下から上に向かって目にする事が出来るものの、建物の周りがどのようになっているのか、特定の場所の周囲がどのようになっているのかは、実際に動いて確認しなければなりません。
      しかし、行く手を阻む場所があれば、全周する事は出来ません。その点、航空機から撮影した映像は、真上から見ているものであり、全周する必要もなければ行く手を阻まれている場所があったとしても、その先がどのような状態になっているのかを認識しする事が可能になります。



top