ドクターヘリに搭乗する医師の気になる年収とは

  • ドクターヘリのパイロットの年収はどのくらいなのか

    • 救急車での搬送が困難な地域などで活躍をするドクターヘリですが、基本的な乗務員は、医師とフライトナースはもちろん必要になりますが、何よりも肝心なのが実際にドクターヘリを操縦するパイロットになります。

      ドクターヘリの年収の情報といえばココです。

      ドクターヘリのパイロットは医師ではありませんので当然医師免許は持っていませんが、厳しい状況での操縦も予想される事から経験の豊富な熟練のパイロットが行う事が基本となっています。



      ドクターヘリに搭乗をしている医師に関しては、基本的に救急救命医なので、フライトドクターだからといって必ずしも別格の年収を得ている訳ではありませんが、パイロットとなると操縦の経験年数や年齢などを考えると一般的なサラリーマンよりは年収も高くなっている事が多いのが現状です。
      ドクターヘリのパイロットになるには、当然航空自衛隊か民間のどちらかでヘリコプターの操縦士資格を得る必要があります。単純にヘリコプターの操縦資格だけでなく、事業用の航空無線の資格を持っている必要がありますし、ジェットヘリの操縦資格も必要になります。
      ジェットヘリの操縦資格は取るだけで1年以上かかる事も多く、誰でも簡単に取れるという資格ではありません。



      実際に免許を取るだけでもなかなか大変な世界ですが、パイロットには2000時間以上の操縦経験が必要になっていますし、年収に関しても同じ空の操縦という意味では、飛行機のパイロットと比べると決して高収入とは言えないだけに、背負っており責任やリスクを考えると年収が多いかは数字だけでは判断がしにくい面もあります。

top