ドクターヘリに搭乗する医師の気になる年収とは

  • ジェット機のパイロットの免許を取得する方法とは

    • 自動車運転するためには自動車教習所で練習をして運転免許を取得しなければなりません。


      飛行機操縦についても自動車と同じように、パイロットの資格を取得する必要があります。

      ジェット機のパイロットの最新情報をご提供します。

      飛行経験の無い人が、いきなりジェット機のパイロットの資格を取得することはできません。

      日本国内または海外の航空学校を利用して座学と操縦訓練を受けて小型の飛行機の操縦士の資格を得た上で、順番にジェット機の操縦ができる資格を取得する必要があります。
      最初に取得するのは、小型の単発機を操縦するための資格です。



      必要な資格は航空特殊無線技士と、自家用操縦士(単発機)です。
      これは小型のプロペラ機を操縦するために必要な免許で、自家用に限られます。



      次に取得するのは自家用操縦士(多発機)です。これは双発の小型機を操縦することができる資格で、離陸重量が5、700kg以下の双発機であればどれでも操縦できます。
      小型ジェット機でも離陸重量が5、700kg以下の機体があるので、この資格を取得すれば一部のジェット機のパイロットになれます。
      離陸重量が5、700kgを超える飛行機のパイロットになるためには、機種ごとに操縦士の資格を取得する必要があります。旅客機であればボーイング737型機の資格とか、エアバスA330型機の資格のように細かく分かれています。

      お客を乗せて運ぶ場合には事業用の免許を取得する必要があり、自家用免許よりも多くの時間と費用を必要とします。

      自動車の運転免許を取得するためには一定以上の視力が求められますが、飛行機についても同じように視力検査が行われます。
      パイロットに必要な視力は片眼が0.7以上、両眼で1.0以上なので、自動車の運転免許よりも厳しいです。
      ただし、メガネをかけていても構いません。

top